MEOとはMap Engine Optimization (地図検索の最適化) のことで、海外では主にLocal SEO(地域限定検索エンジン最適化)と呼ばれています。

例えば、Google検索やGoogle Mapsで「カフェ(業種)×表参道(エリア)」と検索した時に、地図情報と一緒に店舗情報が検索結果の上位に表示されるのを目にすることがあるかと思います。MEO対策をすることにより、そのように検索結果の上位に優先的に店舗情報を表示させることが可能になります。また、MEOは海外ではLocal SEOとも呼ばれます。SEOがエリアを限定しないオンラインストアーや大企業を中心とした一般的なウェブ集客であるのに対して、MEOは特定の地域と業種を絞った地図検索を前提とした実店舗型のウェブ集客となります。特徴として、「いま、まさにお店に行きたい人」が検索する傾向が強く、検索後24時間以内の実店舗への(主に新規)顧客の訪問を見込む効果の早い集客方法といえます。また、MEO対策に広告費はかからないため、小規模のビジネスオーナーの方が費用をかけずに集客するのにおすすめの対策です(有料広告掲載する場合を除く)。

また、地図情報に加えて「本日のオススメ」や「メッセージ」「予約」機能などを使ったリアルタイムな情報を発信することができます。そのため、新規顧客だけでなく既存顧客の囲い込みにも有効です。既にInstagramやFacebook等のSNSで写真や情報を発信しているけれど、時間がかかる割にイマイチ効果がでない…そんなお悩みをお持ちの個人事業主やお店のオーナー様にもぜひ試していただきたい対策です。

SNS等で長期戦でファンづくりをするだけでは取りこぼしてしまう「今、あなたのお店に行きたい新規顧客」を取り込むのがMEO対策をするメリットです。